マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

雨の日に、唇を乾かしている女は。

 

 

 

今回は、リップクリーム。
 
 
f:id:scude:20160902012700j:image
デルメッド リップケア(生産終了)
9g  1,200円
 
いただきものです。高くて、自分では買えません。
(嗚呼、悲しき貧乏人)
 
これ、保湿力もあって、伸びもよくて、
ニオイも気にならない。
 
強いて不満点を挙げるなら、
ジャータイプで使い勝手が悪いくらいだったのに
廃盤なんですよねぇ。
 
このブランドからは、
エイジングケアできるチューブタイプのリップが
代わりに発売されていますが、
テクスチャーがゆるく、グロスっぽいので
すぐに落ちてしまって
(私はしょっちゅうお茶を飲むため)
保湿が十分にできない感じがして、
現品には手が出ませんでした。
 (サンプルで試しました)
 
まあ、これはかなりいい金額だし、
いつものドラックストアリップに戻るとします。
 
 
それはそうと。
今日のブログタイトルですが、
山田詠美の「トラッシュ」という作品の中での
主人公のセリフです。
 
「雨の日に、唇を乾かしている女なんて、
 可哀想な人に決まっている。」
 
 
私は、「可哀想」とは思わないけれど、
だらしない、とは思う。
 
あと、石原さとみが出てきたころ
(「きみはペット」あたり)
唇がカサカサで、かなり気になった。
役の印象と相まって、良くない印象がついていた。
だから、口紅のCMに出た時はびっくりした。
 
 
ちなみに私は、たまに口紅を塗ると、
皮剥けしてしまうことがあって
そうすると、本当にテンションが下がる。
 
だから、今日も
ぐりぐりとリップクリームを塗りたくる。