マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

太い・濃い眉毛を染めるなら。エクセルのアイブロウマスカラ。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

私は眉毛が太い。

眉毛全体というより、眉毛の一本一本が太い。そのため、しっかり染まらないと「あんまり、印象が変わらない」という印象になってしまう。

そんな私がはまったのが、デジャヴだった。

 

scude.hatenablog.com

 

ブラシが小さいため、グリグリ塗っても肌に付きづらい。重ねてもバリバリにならない。

 

でも。もう少しカラバリが欲しいなと思って手を出したのがこれだった。

 

f:id:scude:20211009184725j:image

エクセル カラーオンアイブロウ 1,320円(税込)

 

 

 


f:id:scude:20211009184736j:image

CO03: ピーチブラウン、CO04: アッシュブラウン    

 

ノーマルなブラウンはデジャヴで使っているので、赤みを感じるものと、カーキを感じるものをチョイス。

 


f:id:scude:20211009184748j:image

ブラシはやや小さめ。ブラシの毛がそれほど密集していないのでブラシにつく液の量がが多い。それによって、眉毛に液がしっかりつく。液もやや粘度があるタイプなので、毛量が少ない・毛が細い人には向かないと思う。が、剛毛の私にはぴったり。しっかり染まって、ガラッと顔の雰囲気が変わる。

 


f:id:scude:20220120215231j:image

f:id:scude:20210118233237j:image

ブラシの大きさを比較。2枚目の写真は以前のブログより引用。

以前、使っていたインテグレートよりも3種ともブラシが小さくて塗りやすい。ブラシにつく液量はエクセルが一番多い。ケイトはブラシの毛が密集しているので液量は少ないが、先端に液が溜まりやすいのでそこを取ってから使うとよい。塗りやすさはデジャブがダントツ。小回りが利くし、少しづつ付けられるので失敗が少ない。

 


f:id:scude:20220121014839j:image

カラーはどちらも白が入っているためかしっかり発色する。パリパリに固まることはないけれど、べったりつくのでつけすぎ注意。横から光を受けるとやや白く光るので気になる人はテスターを確認するとよいかも。私はそれほど気にならない。

 

べったりつく問題は、事前にティッシュでふき取るのが一般的かもしれないが、私は塗った後にスクリューブラシで梳かすようにして余分な液を取っている。この方法だと、まんべんなくしっかり眉色を変えてから液量調整ができる。(スクリューブラシの洗浄頻度は上がるけれど)

 

 

ここまでしっかり眉色を変えてくれるアイブロウマスカラはあまりないので、おそらくリピするだろうと思う。が。以前はカラバリが少なかったデジャヴが、その後、新色が出ているのでそのうち比較もしてみようかな、と思っている。

 

ショートステイin実家。ミニサンプル消費について。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

年末年始。ほんの少しの時間だが実家に帰っていた。年末からオミクロン株の流行があり、またしばらく帰れなくなるかも…と思ったこともあり、弾丸での帰省になったが、家族の元気そうな姿が直接確認できたので帰って良かったと思っている。

 

その帰省の際に、溜まりつつあったミニサイズのスキンケアを持って行ったのでそれらについてまとめておこうと思う。

 

 

1,クレンジング

f:id:scude:20220115020959j:image

リマックス ダーマネイチャーフレッシュクレンジングオイル 20mLサンプル

 

 

ノニ美容液を買った時におまけでもらったセリマックスのオイルクレンジング。黒ずみが気になる人用のさっぱりめのクレンジングらしく、乾燥肌はすぐ保湿するようにとある。が、思ったほど乾燥はしなかった。乳化が早くメイク落ちは良さそう。ただダブル洗顔が必要なので現品購入はないかな。

 

 

2,洗顔

f:id:scude:20220115021625j:image

洗顔専科 パーフェクトホイップ 40g 232円(税込)

 

洗面台下の収納を整理していて出てきたもの。旅行の際に洗顔料を忘れてコンビニで買ったような気がする。リニューアル前のものだけれど、これかなり泡立ち・泡持ち・泡質がいい。かなりもちもちの固めの泡ができて、肌をこすらずさっぱり洗える。毛穴の角栓や黒ずみへの効果は今のところ感じられないけれど、泡質にこだわる人にはいいかも。

 

 

3,化粧水

f:id:scude:20220115021707j:image

チューンメーカーズ 原液保湿水 20mL サンプル

 

 

リピしまくっている原液保湿水のミニサイズ。原液保湿水は冬に欠かせない化粧水なのだが、瓶なので持ち運びが不便。詰め替えるのも面倒なので、こういうミニサイズがあると嬉しい。

 

 

4,美容液

f:id:scude:20220115021715j:image

トゥベール エッセンスセレクトゲル 20mL お試しセット品

 

 

美容液は迷った末にトゥベールのエッセンスセレクトゲル。オールインワンゲルとしても使えるとあったけれど、私には保湿力が足りず美容液として使用。最近、私の中でビタミンCの美容液への興味が再燃しており、他にも気になる美容液があるため、今月中には使い切ってしまおうかと思っている。

 

 

5,クリーム

f:id:scude:20220115021726j:image

キュレル  潤浸保湿フェイスクリーム 4g サンプル

 

 

キュレルのクリーム。実は、去年キュレルから新しく出たシートマスクと一緒にいただいたもの。以前もサンプルをもらって使ったことがあるけれど、軽くて伸びもよいのに保湿感がしっかりある。どうしてもこれじゃなきゃ、という感じはないのだけれど、優秀なセラミドクリームだと思う。

 

 

帰省は弾丸だったのでミニサイズはどれもほぼそのまま残っており、今月中に使い切れたらなと思っている。オミクロンの流行で旅行に行けないとなると、今年もミニサイズやパウチの化粧品を使う機会がない。改めてサンプル品は整理し、月に何個かは開封していこう。

 

毛穴が気になる2022。トーンアップ下地という鬼門を知る。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

 

突然だが。

 

毛穴が気になる。

 

いまに始まったことではないのだけれど。

 

 

で、9月のメガ割でこれを買ったのだが。

 

f:id:scude:20220110164955j:image

アピュ ジューシーパンスキンケアプライマー 1,980円(税込)

 

 

思うように使いこなせなかったので、その詳細を記載する。

 

 

1.ラブリーなハートパフ


f:id:scude:20220110165046j:image写真映えするかわいいハートパフ。クッションファンデ用のパフと同じようなパフだがやや薄めに感じた。さらに普通の丸型よりも小さいせいか、使いにくいな、という印象。

 

 

2.使い方


f:id:scude:20220110165123j:image

クッションパフがついていると、ついパンパンとはたきこむように使いがちだが、この下地は滑られせるようになじませる使い方を推奨。ハートパフを使った説明がかわいい。

 

 

3.特徴的なマーブル模様


f:id:scude:20220110165146j:image

あ。

 


f:id:scude:20220110165341j:image

シールにえぐられた。口コミを見ていると同じような被害者多数。


肌に乗せてみた。
f:id:scude:20220110165007j:image

バーム自体のマーブルがピンク多めのためか、肌なじみが良い。トーンアップは感じられないが、白浮もなくきれいになじんでつやが出る。

 

新感覚のふわ生バーム!マスク生活によるベースメイクの変化から誕生した、
スキンケア発想でお肌を守りながら毛穴レスに整えるトーンアップ下地

 

私の肌だと、トーンアップは感じないがきれいなつやができる。そして「スキンケア感覚」とあるように乾燥しない。

 

が。

 

「毛穴レス」にはならず。むしろ毛穴が目立ってしまった。

肌の上を滑らせるようにバームを乗せると、毛穴部分にバームが白く詰まり、むしろ毛穴が目立ってしまう。ファンデでもうまく隠れず、白い毛穴が主張するのだ。

その後、使用方法を変えて叩き込んでみたり、重ねるファンデを変えてみたりしたが私の開ききった毛穴には対応しきれないようだ。

 

悲しみ…。

 

いつのまに、こんなに開いてしまったのか。

 

そしてなぜ、気が付かなかったのか。

 

毛穴が開いてしまった原因としてはマスクによる蒸れ、そして老化によるたるみが考えられる。マスクに関してはそれほど長時間つけることは少ないと思うのだが、やはり不織布による蒸れは避けれないので、引き締めの毛穴ケアを強化することで対処するしかないかなと考えている。老化によるたるみは、ここのところあまり使っていかなったEGFを積極的に取り入れることで少しでも遅らせることができたら、と思う。

 

気が付かなかった理由は、おそらくトーンアップ系の下地がもともと好きではなく、選ぶことが少なかったためだと思われる。ここは今後も避けないとだめかも…。

 

ということで。

2022年は毛穴ケアに力を入れる年にしようと思う。

 

あと、アピュのジューシーパンスキンケアプライマーは「使ってみたい」という人に譲った。捨てるのではなく他の人に使ってもらえて、あのピンクのパクトも幸せだっただろう。