マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

肌にやさしみを。ミルククレンジングという選択。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

花粉が飛んでおります。

 

ということで、ファンデーションをミネラルファンデに変えました。

 


f:id:scude:20190310200026j:image

ファンデはエトヴォス、ブラシは@コスメさんにいただいたセフィーヌ

 

ミネラルファンデはせっけんでも落ちる。けれど、どうしても毛穴が目立つ。なので毛穴を埋める下地を併用することがある。(人と会う約束がないときはミネラルファンデオンリー。マスクもしてるし)ケミカル系の下地を使ったときは、洗浄力のやさしいミルククレンジングを使用している。

 

 先日までは、ランコムのサンプルを使用。使い切ったので新しいものを探していた。プチプラのミルククレンジングと言えば、パラドゥかカウブランドあたりが有名だと思う。が、それ以外を使って見たいなと思い、見つけたのがこちら。

 

 

ロゼット ロゼットクレンジングミルク 180ml 1,800円+税

 

これ、面白いなと思ったのが、@コスメでは評価が低く、Amazonでは高いこと。顧客層の違いが出ているのだけれど、美容オタクには支持されないということだろうか。

 

 

f:id:scude:20190313115252j:image

テクスチャーはジェルっぽいミルク。たっぷり使う。

 

落ちない、という声もあったが、ケミカル系の下地とせっけんで落ちるタイプのアイブロウマスカラは案外するっと落ちた。ウォータープルーフのマスカラは少し残ったが検討した方だと思う。そもそも洗浄力を必要とするアイテムは、ミルククレンジング自体が向かない。目元だけオイルにするか、ポイントメイク落としを久々に投入するかは考え中。

 

ちなみに、ダブル洗顔不要。あと、このクレンジングは「洗わない洗顔」のためのミルククレンジングで、なじませた後、化粧水などを含ませたコットンでふき取ればお手入れ完了、というもの。私はさっぱりしたいので洗い流して使っている。

 

洗い流した後も、ヌルつきが気になる、という声もあったが私は気にならなかった。乾燥するほどの、さっぱり感のある洗いあがりの方が苦手なので。

 

ちなみにこんな人に向いているようだ。
f:id:scude:20190313115242j:image

 

多忙って項目があるのがうける。その通りです。でも洗い流すけど。

 

 

これじゃなきゃ!ってほどの感動はないけれど、とりあえずの不満もなし。一本使い切ってみようと思う。

 

 

 

ケイトのアイブロウパウダーが崩壊!

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

昨日、手を滑らせ、愛用のアイブロウパウダーが洗面台にダイブ!中身が粉々になってしまった。。

 

このブログで「化粧品が粉々になった報告」するのは何度目だろう…。ガサツさが如実に現れている。このアイブロウは、ノーズシャドウとして使っているいちばん薄い色が底見えしていて、同じものを買い足そうか、単独のノーズシャドウを買うべきか迷っていたところだった。

 

ちょうど、ヴィセのアイブロウの新色が出たこともあり、「新しいの買ってみようか」とか、アイブロウマスカラを変えたことで、「オリーブのパウダーを買おうか」なんて思った矢先のことだったので、まだまだ残りがたくさんあるアイブロウがへそを曲げたのかもしれない。ごめんよ。

 

 

とりあえず、バキバキになったいちばん薄い色を緊急避難。

 

かなり前にエトヴォスのトライアルが入っていたケースに入れてみた。

 

 

これで様子見。

※その後、さらにバキバキに割れたので買い替えは必須になった。

 

 

 

ヴィセの新色も気になるけれど、いちばん薄い色はノーズシャドウとして使うならブルべ向けの色。

更に濃い色アイブロウブームが私の中で来ているので、ここはあえてのオリーブブラウンに行くべきか。。どうしようかなぁ。

 

 

ダークな眉でいきましょう。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

最近、ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」にはまっている。(内容に関してはちょっとなーと思うことがありつつも)ハイブランドを身に纏う、竹内結子水川あさみ斉藤由貴が麗しい。とくに水川あさみは、ブラウンを基本としたオータムファッション全開で着こなしも素晴らしく、ため息が出る。私には逆立ちしたって買えないであろう服たち。(提供はBOTTEGA VENETA、Chloe、BOUCHERON、SAINT LAURENTなどなど!)総柄のジャケットなどを、シックに着こなしていて拝みたくなる。

 

ちなみに、竹内結子はブラックを基本としたスタイリングなのだけれど、キリッとした眉が素敵過ぎる。私ももう少し眉を濃く描こうかと思っていると、ヘビーローテーションから黒髪用のアイブロウマスカラが発売された。



f:id:scude:20190305125852j:image
ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ08 アッシュグレー 800円+税

 

 

 

これまでは06のピンクブラウンを使っていた。それまで使っていたものに比べ、暗さは出たが、ピンク味はほとんど感じられない色味だった。scude.hatenablog.com

 

これはこれで素敵なのだけれど、暗めの髪色なので、もう少し落ち着いた雰囲気に仕上げたいと思い、新色を買ってみた。

 

f:id:scude:20190311113736p:plain

画像引用:ヘビーローテーション

公式のチャートを見ると、アッシュグレーは、もっとも暗い色味になる。

 


f:id:scude:20190305130137j:image

 とはいえ、ケースから出すと、茶色味を感じる。

 

 

f:id:scude:20190305130142j:image

 

手持ちの眉マスカラと比較してみた。

f:id:scude:20190312110927j:image

上:03アッシュブラウン

左:06ピンクブラウン
右:09アッシュグレー

 

どうしても赤みが出てしまうので少し画像の色調整した。(それでも赤味がある。写真を撮り直してもそうだった。。本来はもう少し赤みが押さえられている)

 

06ピンクブラウンと比べると、赤みが抜けてグレーっぽいのがわかる。暗さもアップ。でも、太くて黒い剛毛眉毛に塗ると毛の色が薄くなり、抜け感が出る。赤みがなくなることで、塗り残しの自毛との違いが少なくなり、ラフに塗ってもより自然。黒髪の場合、断然こちらの方がなじむ。私の髪は暗めのブラウンに染めているので、パウダーもいつもより暗い茶色を多めに混ぜて描くとかなりしっくり来た。

 

 実際に塗り比べてみて思ったのは、眉毛はちょっとした違いで、意外と雰囲気がだいぶ変わるんだな、ということ。顔のフレームづくりに一役買っているのだろうな。

 

 

春が近づき、全体的に明るめな仕上がりの化粧があふれる中、あえてのダークな眉。個人的にかなり気に入ったので、かなり使用回数は増えそう。ダークな色味に合わせ、オリーブ系のアイブロウパウダーも欲しくなった。

 

とはいえ花粉症の私は、この時期はほぼ眼鏡着用になる。しかも、愛用の眼鏡フレームが暗い色味なので、眉が明るい方が顔全体が明るく見えるかもしれない。

ピンクブラウンを使うと明るめに、このアッシュブラウンを使うとシックになる。この辺は、気分や服装によって使い分けようと思う。