読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

色付きオールインワンゲル比較【ラフラ&ドクターシーラボ】

ここ最近のズボラ化粧を助けてくれるのが
ラフラの色付きオールインワンゲル。

 

BBクリームとは異なり、
メイクだけでなくスキンケアもできるもの。
だから洗顔後、すぐにつけられます。

 

私は乾燥肌なので、オールインワンや
化粧水をつけてから使っていますが、
BBやCCよりも、ナチュラルな仕上がりで、
高保湿なところが気に入っています。

 

普通肌の方なら、
洗顔後、これ1つでケアできるのでかなり楽かと。


今回たまたま
ドクターシーラボの同様の商品をいただいたので
ラフラと比較してみました。

 

ちなみにそれぞれ
「毛穴カバー」と「小じわカバー」の
2種類あるのですが、
今回比較したのはどちらも
「小じわカバー」のタイプです。

 


見た目はこちら。
f:id:scude:20170519144513j:image
左:ドクターシーラボ パーフェクトゲルファンデーション 30g 2,7500円+税
右:ラフラ パーフェクトゲルカラー エンリッチ 30g 3,000円+税

 

スター成分は、どちらも生コラーゲン
しっとりタイプです。

※ここでは紹介していませんが、
毛穴カバータイプはややさっぱり目のようです。

 

どちらも同じようなジャー容器。
チューブの方が使いやすいと思うんですけどね…。

 


それぞれのテクスチャー。
f:id:scude:20170519144602j:image

シーラボの方がぷるんとした
ゲルっぽいテクスチャー。
ゲルをすくって表面に穴が開いても、
平らに戻ります。

 

ラフラの方がやや硬め。
長時間傾ければとろりと流れますが、
表面がなだらかになるほど緩くありません。


色味の比較。それぞれ1色展開。


f:id:scude:20170519144620j:image
シーラボの方が暗め、ラフラの方が明るいです。
どちらもパールが入っていて、
それでくすみを飛ばします。
ただ、肌につけてもパール感がわかるほど
キラキラはしないです。
私の肌には明るい方が合っています。

 

シーラボは、
これ一色展開にするには暗すぎるような…。
ただ、色が濃い分、カバー力はシーラボに軍配。

 

どちらも伸びがよく、密着感もあります。
ただ、乾燥肌だと、
時間が経つとラフラは崩れやすいかも。
私の肌状態がかなり悪かったときは、
ファンデが浮き上がるような、
ちょっと残念な崩れ方をしました。

 

ただ、肌の調子が良いときは
一日中もってくれています。
肌が荒れ気味のときは注意が必要です。


シーラボの方が、
化粧崩れは少ないように思うのですが、
涙で流れてしまったので、水をかけて
ティッシュで押さえてみました。


すると。


f:id:scude:20170519144804j:image

分かりにくいのですが
シーラボの方はほぼ落ちていますね。

 

肌に当てたティッシュがこちら。
f:id:scude:20170519151413j:image
シーラボの方が移ってますね。

洗顔だけでメイクが落ちる、
というわけではないのですが
シーラボの方は、耐水性は弱そう。

 

どちらも一長一短ありますね。

 

まとめます。

 

ラフラ(しっとり)

ドクターシーラボ(しっとり)

合う肌色

色白~普通

普通~やや暗め

崩れやすさ(乾燥)

超乾燥肌は時間が経つと崩れる

乾燥肌でも崩れにくい

崩れやすさ(水)

崩れにくい

落ちる

カバー力

少ない

そこそこある

(BBよりは少ない)

 

 

あまり知名度はない、色付きオールインワン。

 

ナチュラルな素肌感が欲しい!
けど、手間をかけたくない!
BBだと乾燥する!
という人におすすめ。
保湿力もあり、重ねづけすればカバー力が出ます。

 


いろいろ化粧品揃えるよりお得ですし、
私は結構使えると思います。

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

クリックいただけると嬉しいです。