マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

捨てたい。でも捨てられない。

 
断舎利という言葉が流行ってからずいぶん経ちます。
 
現在では、ときめきの魔法や、ミニマリストなど、なにやら新たな流行が生まれている様子。その一方で、未だに捨てられない人は多く存在し、自分もその一人です。
 
多くのものに囲まれ、ものに圧迫された生活を送っていると「ものに高い家賃を払っていることの無駄」を実感することが多々あるのも、事実。
 
 
そこで私は、引っ越しを期に、少しずつものを処分することにしました。
 
それでも、昭和生まれの自分には「もったいない」という気持ちを捨てきることができません。たとえ、ときめかなくても。
 
 
とくに、化粧品。
 
 
自分をキレイへと導いてくれるはずのものが、ブスへと導くストレスの元となっている!
 
 
というわけで。
 
あふれかえる化粧品を片っ端から使い切っていこうと思いました。
 
 
ミニマリストの逆をいく私が「捨てる」のではなく「使い切る」ことを、ただひたすら記録したりしなかったりします。
 
 
誰かの、暇つぶしの一助になれば幸いです。
 
 

化粧品、コスメ、スキンケア、使い切り、断捨離、ミニマリスト

 
 
ストックされていた化粧品。
 
 
これをすべて使いきるなんてできるのだろうか。
 
 
いや、それでもやるんだよ!