マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

幻?なのか?そうでもないのか。やっと1本目のリップモンスターを手に入れた。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

最近になって、「リップモンスターをやっと買えた」「ドラッグストア巡りして全色揃えた」という声を耳にするようになった。

 

こちらとしては。

 

え?どこの話?

 

というくらい、姿を見ない。

 

ドラッグストアの棚は、いつ行ってもカラ。本当に再販されているのか?ってか新色ってなんだよ!定番すら見たことないんだよ!という日々を送っていた。

 

すると。

 

「たまにAmazonに在庫があるよ。定価で出るので、高い金額で買っちゃだめだよ」

 

という書き込みを見つけた。

 

早速行ってみると。

 

あった。定価だったのは一部の色だけだけれど。

 

で、買った。

 


f:id:scude:20220615174200j:image

ケイト リップモンスター11 5:00AM 1,540円(税込)

 

 

Amazonって、価格を上乗せしたぼったくり商品も一緒に表示されるので、定価っていくらだっけ?となる。。ちなみに今見たら、在庫はすべてぼったくり価格だった。1,540円が補充されるのを待とう!

 

 

現在、リップモンスターは全14色。うちWEB限定が4色。

リップモンスターカラーバリエーション

私が狙っていたのは一番人気(?)の03陽炎と、04パンプキンワイン。今回手にしたのは、WEB限定色の11番、5:00AM。一番ダークなブラウンリップだ。

 

今回、買った時に定価の在庫があったのは、11とあと一色くらいだった。(ブルべ系の色で興味から外れていたのもあり色番まで覚えていない)販売元はAmazonだった。それ以外のぼったくり価格で出品している販売元だと、偽物も混ざっている可能性があり、注意が必要。

 

今回購入した、5:00AM、" 夜明け前の静けさを秘めたダークブラウン " とのことだが、「思ったよりダークではない」「意外と一番出番が多い」という口コミを見かけていて、3番目に欲しかった色なので、勢いでポチっ!

で、色味を見てみると。f:id:scude:20220615174224j:image

スティックの色を見ての第一印象は、そこまでダークではなさそう。さらっと塗ってみた感想は、ブラウンではあるがダークではない。オレンジ寄りのブラウンという感じ。

 


f:id:scude:20220615174234j:image

腕に塗ってみるとこんな感じ。透け感があるので、思ったより発色は弱め。もちろん唇にのせると、自分の唇の色味もあってもう少し赤っぽく発色する。

一度塗りだとかなり自然なベージュブラウン、もうちょい重ねるとオレンジブラウン、さらに重ね塗りすることで公式画像のようなダークさは出るかもしれないが、私はさらっと塗った感じのベージュブラウンくらいの色味が好きかも。

 

 

落ちに関しては。

ティッシュオフしてみて、ほとんどつかないことに驚き。が、ティントではないので、食事をすると落ちる。思ったよりもラスティング力があるというのと、落ち方がきれい。もう、この手の感想は語りつくされているので今更感があるが、やっぱり優秀なんだなと思った。

 

 

というわけで。他の色も欲しくなった。

 

リップアーマーという新たなプチプラ・ラスティングルージュも出てきたが、個人的にはスティックの使いやすさ(あと衛生的)は捨がたいので、気長に供給を待とうと思う。

 

頼むよ!カネボウさん!

 

ゆらぎ肌の化粧水、どうする?

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

実は4月から、化粧水をいろいろ切り替えながら肌の様子を見ている。まだほかにも使ってみたくてスタンバイしている化粧水もあるが、ここらで一旦、まとめておこうと思う。

 

 

 

きっかけ。荒れた、ではなく、腫れた。

 

4月のある日。久々の出社日。

運動不足&気温が上がってきたこともあり、ひと駅手前で降りて徒歩で帰宅したら。翌日、盛大に肌が腫れた。

 

荒れた、ではなく、腫れた。

 

久々にひどい状態になり。皮膚科に行こうか迷ったのだが、過去に同じ症状がでたときに処方されたステロイドがあったので、まずはそれで対処。

翌日には腫れがひいて、さすがステロイド!つえぇ!と思いながら1週間継続塗布。そしたら、肌がピッカピカに。かりそめの肌状態とは思いつつも、これが続いてくれればなー、と無理なことを思ったり。

 

問題は、そのあと。

 

一旦、肌状態は戻ったものの、以前に比べれば外出の機会が増えたので、花粉の飛散が落ち着くまではフルフェイスのヘルメットでもしない限り、外出するたびに翌日の肌がゆらぐのは目に見えている。

敏感肌用のドゥーエの化粧水は使い切ってしまったし、メインで使っている原液保湿水はビタミンCが入っているのでおそらく染みる。ということで、この機会にいろいろ試してみることに。

 

1,サイニック プレステージファースト トリートメント エッセンス

 

実は、肌状態が悪くなる前に使い始めていた化粧水がある。


f:id:scude:20220416224251j:image

サイニック プレステージファースト トリートメント エッセンス 150mL 1,920円 ※Qoo10購入時価  

 

www.qoo10.jp

 

以前のメガ割りで買っていた化粧水。

 

ラクトミセス8倍濃縮液とマルチバイオームを配合した化粧水。さらさらとした液でとろみはなく、浸透力がとにかく早い。が、まったく保湿感がない。4回くらい重ねづけしてやっと潤ったかな?って感じ。さらさらのテクスチャー、浸透感と、使用感はめちゃくちゃ好きなんだけどな。コスパが悪い。

 

実際、荒れが収まった後に使ってみたが刺激などは一切なし。ただ。ただ乾燥する。

ちなみに、ガラクトミセスとは酵母の一種で、この化粧水にはその培養液を95.5%配合している。マルチバイオームとは、ビフィズス菌培養溶解質、乳酸桿菌発酵液、サッカロミセス培養液の混合物。

発酵系のいろいろが混ざっているようだが、私の肌にはまったく効果が感じられない。浸透はよいので、プレ化粧水として使いつつ、メインの化粧水は他のものを使い始めることにした。

 

 

2,リペア&バランス マイルドトナー&マイルドローション


f:id:scude:20220416225016j:image

リペア&バランス マイルドトナー 195mL 1,540円(税込)
リペア&バランス マイルドローション 195mL 1,540円(税込)

 

 

 

イベントでいただいた敏感肌用のブースターと化粧水。

 

共通で入っている成分は、CICAと、独自成分フローラコントローラ。

 


f:id:scude:20220416225027j:image

薄っすら黄色いのがトナー、透明なのがローション。

トナーは導入化粧水とのことで、シャバっとしたとろみのない液体。これ自体の浸透はそこそこ。べたつきもなくさっぱりとした使い心地。

ローションはうっすらとろみのある感じの液体。浸透はあまりよくない。なじませた後、ぺたぺたする仕上がりは好みが分かれるかも。

香りはクローブユーカリ、オレンジなどのハーブと柑橘類オイル由来のシトラスハーブ系。強すぎないし、癖のない香りで使いやすい。久々に心地よいと感じる香りだった。

 

好みとしてはトナーのシャバっとした液と浸透感、さっぱりベタつかない後肌感の方が好き。ソルビトールという保湿成分が全成分表の上の方に出てくるのがポイントかな。(ローションには配合されていない)ただ、導入液としての機能は個人的にはあまり感じなかった。

ゆらいでるな、くらいの肌状態であれば普通に使用可能。ただ、レチノール使用後の乾燥がかなりひどい時だとほんの少しだけ違和感がある(しみるほどではない)。とりあえず、肌がゆらいだ時用に。肌の調子が上向いたら、他のものに移行したいかな。

 

 

 

同じように糖類の保湿剤を使用した敏感肌用化粧水として、以前使用していた資生堂のドゥーエがあるが、敏感肌用の化粧水としてはこちらの方が好きかな。シャバシャバなのにがっつり保湿される感じが。

 

 

3,肌研 白潤プレミアム

f:id:scude:20220608235005j:image

肌研 白潤プレミアム薬用浸透化粧水 170mL 990円(税込)

 

 

コスパの良さで気になっていた化粧水。美白のトラネキサム酸と抗炎症のグリチルリチンサン酸ジカリウムと2つの有効成分を配合して1000円以下。価格がバグっている。

テクスチャーはうっすら白濁したとろみのないさらさらの液体。重ねつけするとしっとりする。が、ベタつかないので使いやすい。美白に関しては3ヵ月以上、継続使用してみないとわからないかなと。保湿力はちょっと物足りないけれど、使用感としてはこれからの季節に使いやすい化粧水だと思う。

抗炎症成分が入っているので揺らいだ肌にも使えそうだが、ビタミンCが入っているので、レチノール使用直後の荒れた肌だとやや染みる。

 

イプサの化粧水と似ているとかいないとか言われているが、私は使用したことがないので比較はできない。イプサの方が資生堂の浸透技術が使われているらしく、浸透の速さやもっちりとした保湿力がありそうなイメージ。

 

 

4,チューンメーカーズ 原液スキンコンディショナー


f:id:scude:20220608235728j:image

チューンメーカーズ 原液スキンコンディショナー 120mL 2,200円(税込)

 

 

友人からのいただきもの。旧パッケージだったのでそろそろ使わないと消費期限がやばそうだったので開封

テクスチャーは黄色みがかったさらっとした液体。浸透はそこそこ。保湿力もそこそこ。メイン成分の甘草エキスにはグリチルリチン酸ジカリウムが含まれており、さらにハトムギエキスも配合しているので、スキンコンディショナーの名称通り、肌状態を整えてくれるタイプの化粧水。セラミドやハチミツも入っていて思ったよりもしっとりとした仕上がり。ただ、鎮静というほど赤みが落ち着く感じはないかな。

ちなみにこれもビタミンC入りなので、レチノール使用後は染みる。

 

 

5,ダルバ ホワイトトリュフファーストスプレー ミスト


f:id:scude:20220608235154j:image

dAlba ホワイトトリュフファーストスプレー ミスト 100mL     1,680円

 

www.qoo10.jp

 

こちらはサブポジションの化粧水。お風呂上りや、乾燥が気になるとき用に使おうと買ったもの。オイル層と水分層が分かれていて振って使うもの。オイルによってツヤがでるのと、水分のみのミストよりも乾燥を防いでくれる。韓国のCAさんがみんな持っているとかで、CAミストと言われている。

 

2層式の保湿ミストと言えば、日本ではエリクシールのつや玉ミストが有名だが、エリクシールはエタノールを使っているので、敏感肌の人だと使うのをやや躊躇してしまうかもしれない。

ダルバのミストにはエタノールはなし。でも、香料が使われていて思ったよりもしっかり匂いがついている。人工香料が気になる人は注意が必要かも。

 

ミストはかなり細かく、ふわっとつく。メイクの上からも使えそうだけれど、そのあとマスクをつけるのは厳しそう。在宅勤務中はマスクをつけなくていいので、がっつり吹きかけている。

お風呂上りに使おうとも思っていたのだが、とにかくミストが細かく、かなりの量を使う。保湿されている感はあるけれど、あくまでもサブとして使うのがよさそう。

 

 

こんな感じで、肌状態とか、気分とかに合わせて、これらをぐるぐる使いまわしている。ただ、「これはすごい!」っていうところまでたどり着いた化粧水はないので、この後も、いろいろ試してみたいと思っている。化粧水探しの旅は続く。

使い切りが少ないから断捨離も決行!2022年5月の使いきり。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

今年の夏は暑くなりそうだな、梅雨に入る前にお外でビールを飲みたいな、などと思っているあいだにどんどん温度と湿度が上がってゆく。このままだと梅雨に入ってしまう!そんな焦りを感じる5月の使いきり。

 

今月は少なめ。化粧水をいろいろ試したり、サンプルを整理して使ったりしていた。


f:id:scude:20220606225008j:image

・ラフラ バームオレンジ 200g 5,500円(税込)
・イージーデュー リペアコントロールアクティブスージングセラム 40mL 5,907円
キャンメイク クリーミータッチライナー 02 ミディアムブラウン 715円(税込)

 

 

 

使い切り1 クレンジングバーム

 

 

何度もリピしているクレンジングバーム。世間で流行っているシャリシャリ系とは違うねっとり系。オレンジの香りと温感が気持ちよく、乾燥もしないので気に入っている。リニューアルしてピンクの容器に。早くそっちも使ってみたいが。

次はストックしていた限定の黒バームを使うつもり。


f:id:scude:20220606225037j:image

何度か限定発売されていた炭入りのブラックバーム。すでに何個かリピートしている。これが最後の1個。そろそろ消費期限が危なそうなので早めに消費せねば。

 

 

使い切り2 EGFの美容液

 

劇的に肌が変わるわけではないけれど、使い続けていると調子がよい気がする。現在はリニューアルして、同じ商品はなさそうな感じ。

 

 

f:id:scude:20220606225048j:image

同時に買ったこちらの乳液を引き続き使う予定。

 

 

使い切り3 ジェルアイライナー

 

描きやすさといい、価格といい完全に手放せなくなっているアイライナー。これに関しては今更語ることは何もない。


f:id:scude:20220606230506j:image

もちろん、リピート。ストックが切れたので買ってこなくては。

 

 

久しぶりにサンプルも整理して、消費した。

 

サンプル消費1 ドクターKのローション&ミルク


f:id:scude:20220606225113j:image

ドクターケイの化粧水&乳液。今年の1月にリニューアルしているので旧品。化粧水がかなり浸透が良くて驚いた。さらさらの液であっという間に浸透。なのに肌がもっちりする。乳液も結構保湿力があって、これからの季節、クリームがいらないかも。リニューアル品も気になる!

 

サンプル消費2 レチノールクリーム


f:id:scude:20220606225122j:image

DHCのレチノールクリーム。DHCに関しては社長のヘイト文を見てから買い物を止めたので現品購入する気はないが、物に罪はないのでさらっと消費。

 

 

今回は、消費が少なかったのもあって、断捨離も決行。

 

断捨離1 ボビーブラウンのファンデ


f:id:scude:20220606225131j:image

これ、実はスポイトタイプの旧バージョン。手持ちの日焼け止めのポンプがまさかのシンデレラフィットだったので装着して使っていた。

ツヤんとした仕上がりが好きで、以前はかなり使っていたが、コロナ禍で化粧の頻度が下がってからずっと、捨てるべきか、もう少し使い切るべきじゃないか、と気持ちが揺れていた。真っ黒なガラスのボトルって重さがあって残量がわかりにくいのもあり、捨てるタイミングを逃していた。が、思い切って。

 

 

断捨離2 ラピッドラッシュ

 

f:id:scude:20220606225143j:image

伸びた…ような気がするんだが。まつげ美容液を毎日つける、という習慣がどうにも作れなかった。どうしても忘れてしまう。つける期間が一定にならず、伸びているのかどうか微妙…という感じになってしまった。とりあえず、高いまつげ美容液がもったいない気がするので、習慣化するまではプチプラをいくつか試してみようと思う。

 

 

断捨離3 キャンメイクのマスカラ


f:id:scude:20220606225152j:image

クイックラッシュカーラーのロングマスカラと、ラッシュフレームマスカラ。どっちもべったりつく感じが苦手で、なかなか手が伸びなかった。ダマになりやすいのもある。この年になると、がっつり束感まつげよりも、繊細なまつげが欲しい。ということで断捨離。

 

 

今回の断捨離は、なかなか捨てる決心がつかなくて困った。(とくにファンデ)でも、泣く泣く手放すことに決めた。こういう物に対する執着も少しずつ捨てていけたらなーと思っている。化粧頻度が上がったので、クッションやら新しいリキッドを買いはじめている。上半期も残すところ、あと1か月。後半に向け、気持ちも新たに、新しい顔を作っていこうと思う。