マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

AUBEブラシひと塗りシャドウで、時短アイメイク始めました。

こんばんは。マキシマダムの過剰な日常です。

 

先日の@コスメストア祭り、ものすごく盛り上がっていたようで。私は欲しいものが欠品していたため参加はしなかったのだけれど、当初の目標の3億を上回る4億もの売り上げがあった模様。一日のコスメのみの売り上げとしてはかなりのものではないだろうか。みなさま、どれくらい買ったのだろうか。

ちなみに来年の目標は10億とのこと。すごいね。あと、割引ではなく、ポイントの付加で、しかも使用期限付きというのは非常にうまいビジネスだなと思ったり。

 

そんな私は何が欲しかったかというと、朝10秒でアイメイクが仕上がるという、AUBEのブラシひと塗りシャドウ。朝、1分でも長く寝たいズボラ人間のためのメイク道具だ。

 

ちなみに、@コスメショッピングには、私の欲しかったカラー14の在庫がない。近くの@コスメストアに聞いたところ、このカラーは長期でメーカー欠品しており取り寄せも不可とのこと。今後リニューアルか廃番かのどちらかだな、と狙いをつけてネットを徘徊。どうやら14と、CMで石原さとみさんが使っている11番は在庫切れが多い様子。ただ、Amazonにはあったので勢いで購入した。

 

 

 AUBE ブラシひと塗りシャドウN14 3,700円+税

 

Amazonは今だけ口紅の試供品付き。(2018.12.11現在)

 

クリームタイプのベースと、3色グラデカラー、さらにアイラインを兼ねた濃いめの締め色のパレットになっている。

 

同じくブラウン系の11(CMで石原さとみさんが使っているやつ)はもう少し明るめのカラー。イエベ春の人はこっちかも。私には物足りなかった。14はオレンジ味のあるゴールドでイエベ秋向けだと思う。

 

 

ブラシとチップが一本ずつついている。ブラシの毛は柔らかいけれど、開き気味で密度は薄い。チップは硬い。柄が長いのが持ちやすいのだけれど、ツールは使いにくい。

 

 

ちょっと粉が飛び散りやすそうなブラシだなと思ったのだけれど、そのためにベースがついているのかもと思った。ちなみにベースはこまかなパール入り。

 

ほんのわずか、パール味を感じられる。

 

ちなみにマキアージュのドラマティックスタイリングアイズDの「濡れツヤベース」と比較してみたけれど、こちらはほぼ何も感じられない。

 

 

アイシャドウの4色をスオッチ。

写真が下手であまり伝わらないと思うけれどキラキラ感が強い。同じブラウンでも11の方はもう少し色味が抑えられている印象だった。色味もきらめきもこちらの14の方が強い。でもそこまで濃いメイクにはならなそう。

 

 

 ブラシを使ってみた。パレットを1はけ取り、腕の上で1.5往復。いいんじゃないでしょうか。アイホールに沿って丸く入れると、もう少し自然なグラデになる。

 

10秒は無理だけれど、30秒あればいけるかも。超便利。

とくに、朝寝坊して化粧が間に合わないとき(ダメ人間)、会社の化粧室で化粧することがあるのだけれど、照明が暗くてグラデの具合がわからないのでこれがあるとぱっと決まる。超便利。

 

私は左右の二重幅が違うので、本当はもっと丁寧に目の大きさが合うように化粧した方がいいのだけれど、そもそも、それができるほどのテクニックを持っていない。そういうメイク超初心者(アラフォーなのにね…)の人にはおすすめ。

 

今後、会社用のアイメイクはこれくらいさっと作って、マスカラとリップに力を入れていこうと思う。(他の物を買うフラグ)