マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

長井かおりさんのメイクレッスン 秋のトレンドメイク編

スポンサーリンク

こんにちは。マキシマダムの過剰な日常です。

前回に引き続き、メイクレッスン後半です。

 

メイクレッスン前半、
「崩れないベースメイク編」はこちらから

scude.hatenablog.com

 

メイク、その前に。ファンデを盛ろう!

 

後半は秋のトレンドメイク。
MiMCの秋の新作を使って、実践的にレッスンしていきます。

 
f:id:scude:20170806170002j:image

実は、当日も前・後編に別れていて
途中休憩を挟んだのですが 
休憩中に、前半で学んだ「目の下のみの盛りファンデ」を実践。

 

使ったファンデはこちら
f:id:scude:20170806170439j:image

 MiMC ミネラルリキッドリーファンデーション 6,500円+税

 


f:id:scude:20170806170452j:image

 こんな感じで1回分の量が出てきます。

 

全顔分くらいの量を、がっつり目の下に塗り、
ポンポンと押さえながらのせていきます。
ファンデの量、結構多いです。

 

本当に大丈夫?というくらい
目の下だけモリモリ。
その後、長井さんが皆をチェックして
「うんうん盛ってるねOK!」
と言っていたのですが、実際やるのは勇気がいりそう。
私はしっかりなじませて、スポンジに吸わせてしまったせいか、
もっと盛ってもいい、と言われました。

 

 

 秋のトレンドメイク、色味は”はっきり”が来る!

 

秋のトレンドメイクは、
チーク、アイシャドウ、リップを教えていただきます。

 

今回は、MiMCの秋の新作を使ってメイクしたのですが…
発売前のアイシャドウパレットが、
一人1つ、いただけたのです!なんと太っ腹!

 
f:id:scude:20170817001613j:image

発売前の新作で、さっそく目元のメイクを教えていただきます。

 

今年は、目元、口元はしっかり目、
チークは薄目とのこと。


アイメイクは、くすみを飛ばしてホリを作る。

 

アイシャドウは指で塗ります。
指にとったら、目に直接塗らず、
必ず、手の甲などでなじませると、
つけすぎた!ということがなくなるそう。

 

薄い分には重ねればいい。
でも濃くつけ過ぎてしまうと、修正が難しいとのことです。

 
f:id:scude:20170812162333j:image

 

まずはベース。①一番薄い色を眉の下から全体に入れ
くすみを飛ばします。
目の下、涙袋には細いチップを使って入れます。

 

ベースの色は、手持ちの白のアイシャドウでもOK。
必ず使ってください!とのこと。

 

②ブラウンのベースになるクリームシャドウ。
目の窪み、アイホール全体に
ペチペチとタップするように入れます。
色味は感じられなくてもOK。

 

ここにクリームシャドウを仕込むと、
次にのせるアイシャドウがしっかりつくそう。


③は、②と同じところに入れます。
目を開けて少し見えるくらいまで。
これで”ホリ”を作ります。

 

アイメイクをするときは、
つい目の近くに鏡を近づけてしまいますが、
顔の近くに置きすぎず、引いて見ると
どこまで色を入れるべきかの判断がつきやすいそうです。

 

④最後の濃いブラウン。
細いチップに取ってアイラインを引くように入れます。
下まぶたは目尻1/4くらいに。
このブラウンは「入れると印象がキツくなってしまう」
という人は入れなくていいとのこと。

 

 

濃い色リップはスタンプ付けで攻略

 

今年の秋・冬は、まだまだ濃い色リップが流行。
濃い色のリップを使うときは、
チークより先にリップを塗るとバランスがとりやすいそうです。

 

濃い色リップはちょっと苦手、という人は
リップを直接引かない、というのがポイント。

 

リンプをトントンと叩くようにつけて、指でぼかします。
すると。ぽわんと発色するのです。


薄いようであれば重ねて色を調整。
確かにこれでつけると、
びっくりするような付き方はしません!
これで今まで躊躇していた色味も冒険できそうです。 

 

 ちなみに。下地のリップクリームは、
スキンケアのときにつけておくこと。
直前につけると、唇となじんでおらず、
リップと混じってしまったり、
メイクのりに影響するそうです。


今までリップメイクの直前に使っていたので、
ここは気を付けないと!と思いました。

 

 

 チークはクリームを仕込みに使うと落ちにくく。

使ったチークはこちら。
(すみません、写真を撮り忘れました。。)

f:id:scude:20170817235451p:plain

 ビオモイスチュアチーク 3,800円+税 (写真参照:MiMC)

 

チークは薄い色から重ねてつけていきます。
すでに、ベースメイクで
クリームチークを仕込みに使っていますが、
そこに重ねて行きます。

 

位置は、顔の正面、黒目の下・鼻の横の交差するところ。
まるく入れます。

濃い色は真ん中に入れると、きれいにグラデができます。

 

色選びですが、アプリコットは肌なじみが良くおすすめとのこと。

リップが薄いときは、チークを混ぜてしっかり発色にすれば
元気な感じに仕上がります。

 

 

自分の顔で実践。やっぱり難しい…


さて、ここまでは、モデルさんを使って
ひたすら説明を聞きながら、メイクが仕上がっていくのを見ていました。

 

いざ、自分で実践!

f:id:scude:20170806170509j:image

 これぜーんぶ使いたい放題!

MiMCのメイクアイテムを使ってメイクしていきます。

 

ここまでの手順を思い出しながら、メイクをしていると
長井さんが各テーブルを回って、アドバイスをしてくれます。

私の場合、二重の幅が左右違うので、
目を開けて細かく確認するようにアドバイスいただきました。 

 

アイシャドウを同じ範囲で塗っていても
目の左右で同じ印象にならなかったのは
このせいか!とまさに目から鱗。

 

リップも「もっと重ねていい」と言われて
全体のバランスって大事だなぁと。

 

濃いメイクが苦手で、
つい薄めのメイクになってしまっていたのですが、
いつもぼんやりした印象の仕上がりで。

 

顔が薄いせいかな、と思っていたのですが、
メイクで顔の印象は作れる!メリハリが大事ですよね。

 

最後に、みんなを見回して、長井さんが
「初めてのメイクアイテムはすぐに使いこなせません!
 何度もメイクして、このパレットを使いこなしてくださいね」
と言っていたのが印象的。

 

いつも最初に使ったときの感じで
「こんなもんか」と思っていたけれど、
アイシャドウパレットは『使いこなすもの』なんですね。

 

 

本当に勉強になりました!今後もメイク、がんばる!

 

f:id:scude:20170806170541j:image

最後は質問タイム。

 

眉の書き方について。
Q.どうしたら上手く描けますか?

 

A.とにかくスクリューブラシを使うこと。
 描いてぼかす。を繰り返して描くこと。 
「みんな使ってないでしょ?使わないと駄目」とのこと。
少し曲げると使いやすいそうです。

 

あと、「みんな目と眉の距離をあと1−2mm近づけた方がいいね。
アイメイクのバランスが取りやすくなるから」とも言われました。
これは難しい。。今後の課題にします。

 

リップの色の選び方について。

Q.リップの色の選び方があれば教えて。

 

A.自分の好きな色でOK。パーソナルカラーは気にしなくていい。
 スタンプ付けをすると、色の濃さを調節できるので
 濃さを変えて似合うところを探すのがよい、とのこと。

 

以上です!

 

 メイクで使ったアイテムはこちら。
f:id:scude:20170806175106j:image

 

 さらに、ミニチュアのパウダー、化粧水、ミラーのおみやげ付でした!
f:id:scude:20170817003944j:image

 

 

ここまで読んでくださった方、本当にお疲れさまでした!

初めてのメイクレッスン、大変ながらも楽しい時間で
本当に勉強になりました。

教えていただいたことを参考に
これからはメイクをがんばりたいと思います!


f:id:scude:20170817001905j:image