マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

日焼け止めでかぶれた話。

 

 

 

「もったいない」が招いた肌トラブル


f:id:scude:20170704091627j:image

去年買ったものの、
ほとんど使わなかった日焼け止め。

まだ大丈夫かな?
と思って使ったところ、
肌がかぶれてしまいました…。


最初、かゆみが現れたのですが
「乾燥してるのかな」程度で
日焼け止めが原因だと思っていませんでした。

 

化粧品 かぶれ 肌荒れ 日焼け止め 使用期限


が!
翌日になると、肌がかぶれていて
化粧がぼろぼろと汚く崩れてしまい…。

もちろん、かゆみも止まりません。


以前、化粧品にかぶれた時の薬を塗って
なんとか収まりました。

が!
それ以来、なんとなーく肌の調子が悪い。
より乾燥しやすくなったり
乾燥化粧ノリが悪かったり。

「もったいない」
それが逆に、高くついてしまいました。

 

 

化粧品の使用期限はきちんと守ろう

f:id:scude:20170704102549j:plain


化粧品の使用期限は開封後6か月。

 

私はとくに開封日をメモしていないので、
実は期限を過ぎているものを
忘れて使っていることも多かったりします。


季節ものは年を跨がない!
使い切れないものは処分する!
を徹底しないと、と思った出来事でした。

とくに私は乾燥性敏感肌なので、
もったいなくても開封後のものは
処分しようと思いました。

 

f:id:scude:20170703164828j:plain
どうしても使いたいときは
ボディに!惜しみなく!たっぷりと!

肌をきれいにするための化粧品で
肌を痛めつけていたら意味がありません。

 

みなさまもお気をつけくださいませ。