マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

アイライナー使い切り。メイベリン ハイバーシャープライナー

 

 

 

アイライナーがないと、一日中寝ぼけ顔です。

 

そんなわけで、私のメイクの必需品なのですが、
意外と長期間使えるアイテム、アイライナー。

 

今までメインで使っていた
ブラックのアイライナーをやっと使い終わりました。

 
f:id:scude:20170415151111j:image

メイベリン ハイパーシャープ ライナー 1,200円+税

 

最後の方、かすかすだったのに、
無理に使ってました。
※まぶたによくないので、よい子はマネしちゃダメ。

 

 

さて。次はこれを使おうと思って買っておいたものがあります。

f:id:scude:20170415174444j:image
ケイト デジタルメモリーライナー BK-1 1,400円+税

 

ミニのリップティントがついていたセット。


が!
最近、ケイトのアイライナーが新しくなって、
しかも「ペンテル」とコラボした筆とのことで、
つい買ってしまったこちらを先に開けてみました。

 
f:id:scude:20170415151444j:image

ケイト スーパーシャープライナーEX 1,100円+税

 


おぅ!使いやすい。

まつげの際を埋めやすいとありますが、
たしかに、適度にコシがあってしなやか、
なのに肌あたりがやさしくていいですこれ!

 

細く描けるのはもちろん太くも描けます。
とくに、太く描くのがメイベリンよりも得意かも。

 

あと。
気になっていたけど使ったことのない
フローフシのアイライナーとも比較。

 

f:id:scude:20170415151515j:image

上から
フローフシ モテライナー リキッド 漆黒 1,500円
ケイト スーパーシャープライナーEX 1,100円+税

メイベリン

※これは、3度重ね塗りしています。
 細さや黒さを比較するものではありません。


メイベリンはにじんでいますね。
乾いてしまえば、どれも、こすれ、水に強いです。

比べてみて、
極細に描きやすいのはメイベリン
細いのも太いのも描きやすいのがケイトとフローフシ。

 


フローフシ、意外といいですね。
@コスメでも1位、
LDK the Beauty2017でも1位を取っていました。

 

ただ、「漆黒」というネーミングの割に
薄い印象です。
黒さと価格はケイトに軍配。

 

フローフシは、ネイビーや限定のチェリーチークもあるので
カラーで遊びたいときにはいいかもしれません。

 

ああ。赤はワンダフルカラーアイライナーを
買ってしまったんだった!

 

scude.hatenablog.com

 

しばらく、アイライナーの購入はお預けです。

 

 

いつも読んでくださりありがとうございます。


人気ブログランキング

クリックしていただけると嬉しいです。