マキシマダムの過剰な日常

マキシマダムの過剰な日常

ものが捨てられない。ミニマリストに憧れながら、ものに囲まれて生活するアラフォーが日常を綴ります。

衝動買いしたチークブラシ

 

 

 

これまで、チークをカブキブラシでつけていた私。

買わねば…と思いつつも、
「アラフォーともなると、それなりの金額を出したほうがいいんだろうな」
「高いブラシを使っても、チークはプチプラだし…」
など、ぐちぐち考えてみたり。
不審者並みに売場をうろついてみたり。

 

ネットサーフィンしまくって見つけたのがこれ。

f:id:scude:20170221134244j:plain

画像参照: アルティザン&アーティスト公式オンラインショップ

熊野筆パウダー(フェイス)&チークブラシ [ 粗光峰 100% ] 5,000円+税

ネットでの評判が気になって、
店頭で実際に手に取ったら、でかい!

f:id:scude:20170221134252j:plain

ち、チーク用だったら
こんなに大きくなくていいかも。

 

と、一度は上げかけた腰を落ちつけてしまったのですが。
先日、これを店頭で見かけてテスターを触ってびっくり。

 

や、やわらかい。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/415rKwvZ%2BDL.jpg

画像参照:Amazonラッキーウインク フェリセラ(メイクブラシ シリーズ) チークブラシ(先丸)

で、Amazonで注文。
届いたのでさっそく使ってみることに。

 
f:id:scude:20170221132928j:image

 



f:id:scude:20170302163536j:image

ピントの合わせ方が難しい…。

 

チークをさっと取ってそのまま塗ったら…
まあムラになりますね。

 

手の甲やチークケースのフタなどで
粉を調整して乗せるとうまくぼかせました。


使ってみて思ったのは、
もうちょっとブラシが大きくてもいいかも。
チークブラシは”ぼかし”がうまくいくかで
仕上がりが左右されます。

 

特にアラフォーともなると、
チークの”塗ってます感”は避けたい。。

 

そうなると、ちょっと高くても
アルチザン&アーティストを候補に入れてもいいかも。

 
f:id:scude:20170221133012j:image

フェリセラは、こんな感じで
カバーがついているのは嬉しい。

 

あと、使いづらい&白すぎて死蔵されていた
オレンジチークもなんとか活躍させたいです。

f:id:scude:20170313235836j:image

 ミシャ Mパウダーブラッシャー 6g 1,428円 (生産終了) 

 

このポンポンチーク、
パフ中央が詰まってしまったせいか
周りに粉が飛ぶので使いにくかったのですが
ブラシでつければいけそう。

 

ただ、白すぎる色味は、別のチークと混ぜて
色味を調整した方がいいかもしれません。

 

とりあえず、コツはつかんだので、
手に入れたブラシを使いこなしていこうと思います。

 

 

 

ぽちっとお願いいたします。


人気ブログランキング